「畑でレストラン」のお知らせ

コープさっぽろ主催の人気のイベントが今年は開催されることになりました!!

「コープさっぽろ農業賞」を受賞した生産者さんの畑に、1日限りの「ランチレストラン」が開店します!訪れる生産者さんの食材を使ってコース料理をアウトドアでお楽しみいただけます。

(昨年はコロナ禍で中止となってしまいましたが、今年は感染対策を取り(人数を減らし、相席なし等)で実施されます。

 

カプリカプリは

2021年5月30日(日)美唄市の西川農場さんでの開催です。

「ジンギスカンの羊は地元産じゃないの?」という友人の言葉が胸に残り、農業の道を志した西川さん。地元特産のアスパラを選果する際に出る切れ端を羊に食べさせることで、上質な「アスパラひつじ」を生産。さらに、羊の敷きわらなどを堆肥化し、アスパラ農家に提供することで、“美唄らしい循環型農業”を実践しています。「ここで畑でレストランを開いてもらいたかった」と、コープさっぽろ農業賞に応募。見事、第9回「農業奨励賞」を受賞されました。

 

昨日、定休日を利用して、打ち合わせと会場の下見に行ってきました!

*羊たちはご飯タイムでした~

なお、お申込みはコープさっぽろへ 4月15日~申し込みスタートです。

5月30日美唄市 西川農場 | コープさっぽろ (sapporo.coop)

ルルロッソと「1×8いこうよ!」

カプリカプリでは、手打ちパスタの小麦粉は留萌で生産されている「ルルロッソ」という超強力小麦を使用しています。

この小麦との出会いは今をさかのぼること10年以上前・・・・まだ「ルルロッソ」という名前が付けられる前のことです。

その当時、カプリカプリは南郷18丁目近くに店舗があり、農業試験場から近いことで、ご縁があって、開発段階の小麦のサンプルでいただいて、パスタの試作をしていました。

まだそのころは各種改良中の小麦は番号で呼ばれていたのですが、幾つかある小麦のサンプルの中に・・・「これはいい!」と思う番号の小麦がありました。

「259」

それが今のルルロッソです。

腰の強さといい、食感といい、申し分なかったのです!

それまでは「デュラム小麦」を使用しないと、どうしてもコシの強いパスタにならなかったのですが・・・

できるだけ、道産の食材を使いたいと思っていたので、このめぐりあわせをとてもうれしく思いました。

今では札幌始め、日本のあちこちのレストランでも見かけるようになってきたようです。

誕生のころから知っているものにとっては感慨深いです。

 

今回STVテレビの「1×8いこうよ!」という番組で取り上げられました。

毎週日曜日の午後4時55分から5時25分に放送されている人気番組です。

2週にわたって登場とのことで、1回目の放送は昨日4月4日でした!

 

見逃し配信もあるようですのでよかったらご覧くださいね~

 

また、番組で取り上げられたパスタ料理は

ランチタイムでお召し上がりいただけます。

(毎週土曜日・日曜日・祝日のみ/12時オープン13時30分ラストオーダー)

 

海明けの毛ガニの季節到来

“海明け” とは・・・オホーツク海を埋め尽くしていた流氷が、沖へと遠ざかる時季を指し、長く雪に閉ざされていた北海道の春を喜ぶ言葉です。

kegani4

オホーツク海は、流氷にのって多くのプランクトンが発生し、小魚や魚介類が多く集まります。そこにいる毛蟹はそれらの豊富な餌を食べ、また、流氷がある間、漁が出来ないため、毛蟹は流氷の下ですくすくと育つのです!春になり、流氷が去ると、毛蟹漁が解禁となり、美味しい毛蟹のシーズン到来!となるのです。

 

「海明けの毛ガニとセロリのサラダ」

カニの殻からとった出汁と、南茅部産昆布ビネガーの2種類のソースで・・・

この料理は4月の「本日のコース」にも組みこんでいます!