ジビエ「エゾシカ」の季節です!

欧州では狩猟で捕獲された野生動物の肉は「ジビエ」といい珍重され、高級食材の一つです。北海道を代表するジビエこそ「エゾシカ」です!

もう皆さん召し上って頂きましたか~

このエゾシカ、処理の仕方でまったく味も品質も異なってくるのです。

腕のいいハンターさんが仕留め、きちんと処理され、熟成したお肉はとても美味しいのです!そしてさらに、とてもヘルシー!

cervo2019-3

まず1つは、鉄分(Fe)が豊富だということ。エゾシカ肉は赤身が主体ですが、牛のレバーをしのぐ鉄分を含んでおり、鉄分が不足しがちな現代女性には、特にオススメしたい食材です。

そしてもう1つの特徴が、脂質の低さ。エゾシカの脂質含有率(赤身肉に含まれる脂の割合)は、四季を通じて1~3%で推移しています。その数字の低さは、脂質割合が40%を超える牛サーロイン肉とは対照的です。

エゾシカ肉は果物など、少し甘めのものと相性がいいので・・・メインディシュの料理ではリンゴのジャム、自家製マロングラッセなどを合わせて提供しています!

cervo2019

ぜひ冬ならではの味覚をお楽しみください!

エゾシカを美味しく召し上がっていただくために・・・

「融点」について・・・

食肉の脂肪が溶け始める温度のこと。加熱調理をして溶けた脂肪は肉になめらかな感触を与えるので、食べたときおいしさとコクを感じさせます。ちなみになじみのお肉では豚肉が低く、次いで、牛肉、羊肉は44~55℃でいちばん高いんです。(冷めた羊のお肉を食べてにおいがいやというのもここがポイントです!)冷めないうちに食べることが大切。*豚肉で製造された生ハムは口に入れた温度でしっとりととろけるのです・・・・。

エゾシカ肉も、融点が少し高いことから、冷えてくると舌触りが気になることがあります。エゾシカ料理はぜひ温かいうちに食べてくださーい!

カプリカプリのクリスマスオードブル承り中

カプリカプリでは手作りの「クリスマスオードブル」をご用意いたします。

クリスマスオードブル(3~4人前)¥8,000-(税別)

12月21日(土)・22日(日)23日(月)・24日(火)

お渡し時間/15:00~17:00 店頭にて(配達は承っておりません)

12月15日までにご予約をお願いいたします。

電話011-222-5656

*なお当日は現金でのお支払いをお願いしております。

DSCN5790

写真はイメージです

 

カプリカプリのイタリアンおせち承り中

毎年好評を頂いておりますカプリカプリの「イタリアンおせち」のご予約を

承っております。

ご予約が定数になり次第、締め切らせていただきます。なにとぞご了承ください。

      1セット(3~4名様用)3段重¥29,000-税別

料理例

モッツァレッラチーズと自家製ドライトマト

幻の玉葱「札幌黄」の塩タルト

海老とマッシュルームのココット焼き

帯広産黒豚のトンナート

十勝牛ほほ肉の赤ワイン煮

カプリカプリ特製パンナコッタ

タラモサラータ(毎年大人気!)

タラバカニと真狩産ユリ根のジェラティーナ

ボロ二ェーゼ(パスタソース)と留萌産小麦「ルルロッソ」の生パスタ

エゾアワビの炙り焼き

サルトゥ・ディ・リーゾ(ナポリのお祝いに欠かせない料理)

金柑のコンポート

自家製ピクルスなど・・・・*食材の入荷状況によりメニューは変更になります

oseti*写真はイメージです。内容は変更になる場合がございます。

おせちの お引き渡しは12月31日

AM 11:00~PM 2:00迄にお願いいたします。

*なお、当日は現金でのお求めとなります。ご了承ください。

*なお、ご用意できる数が少なくなっております。お早目のお申込みをお願い致します。

011-222-5656

*お問合せいただきましたらご案内をお送りいたします。

白トリュフディナー開催いたしました。

11月23日、24日の2日間にわたって、毎年恒例、「白トリュフディナー」を開催致しました。

もうかれこれ10年以上、この季節のお愉しみとなっております。

すっかり白トリュフの香りに魅了されている方も多く・・・毎年必ずお越しいただくお客様もたくさんいらっしゃいます。

今年も白トリュフの名産地、イタリア、アルバから状態のベストな白トリュフが届きました!

密閉されている容器を開けるとかぐわしい香りが漂います・・・・。

tartufo2019

カプリカプリでは前菜からデザートまで、すべての料理で「白トリュフ」を楽しんでいただけるスペシャルフルコースを毎年ご用意しております。

パスタ料理は定番のタヤリンを必ずご用意いたします!

tartufo2019-3

お客様のテーブルでたっぷりと白トリュフをおかけする名物パスタです!

おかげ様で両日ともに満席となる人気のディナーです。

また来年・・・この季節に開催いたします!お楽しみに~

 

白トリュフとは?

トリュフはキャビア・フォアグラと並び、世界三大珍味として数えられる高級食材です。
特定の樹木(ナラなど)と共生関係を持ち、根の周囲の地中から掘り出される特殊なきのこです。独特の芳香を放ち、卵料理などとの相性が高いものとして知られています。トリュフは色によって白いトリュフと黒いトリュフに分けられます。白いトリュフの中でも「アルバの白トリュフ」は抜群の香気により珍重され、
取引価格もきわめて高いものとなっています。

トリュフは地下に生えるきのこです。
日本では西洋松露(セイヨウショウロ)と呼ばれています。
塊状となっていて、成熟するにつれ、独特の芳醇な香りを発するようになります。
地中5~40cm(深いものでは1m)に発生し、浅いところにあるものは成長して、その一部を時々地上に出すこともあります。

白トリュフの産地は?

白トリュフは、人工栽培の技術が確立されておらず、
限られた条件の特別な自然環境の中でしか育つことができません。
白トリュフの産地でいちばん有名なのは、北イタリアの西部にあるアルバという街の近郊に広がる、緩やかな丘陵地帯です。アルバでは毎年10~11月の週末に国際白トリュフ祭りが開催され、世界中から白トリュフを買い求めにたくさんの人が集まります。

白トリュフはとても高級なものです。その理由は第一に、人工栽培方法が確立されていないため、特別に訓練された犬を使って地中のトリュフを探し当てなければなりません。その作業はまるで一粒の宝石を岩山から採掘するかのごとくで、流通量が極めて少ないことが挙げられます。それでいて世界中のグルマンの垂涎の的となっており、短いシーズンに需要が殺到するためです。また、せっかく手に入れた白トリュフですが、密閉容器に入れて保存していても、最長で10日間程しか保存がきかないデリケートな食材です。刻一刻と香気成分が揮発していき、重量も日々軽くなっていきます。量が少なく、扱いが難しい憧れの食材・・・これがトリュフが高価な理由です。また白トリュフの方が黒トリュフよりも産出量が少ないため希少となり、黒トリュフの3~10倍の値段がつきます。

 

 

 

capricapriのクリスマスのご案内

カプリカプリでは12月21日~25日まで

クリスマススペシャルディナーをご用意いたします。

今年のクリスマスディナーのメニューが決まりました。

 

2019年クリスマスディナー
MENU

お食事始まり

寒平目の昆布〆 根セロリのクレマとボッタルガ

フォアグラと鵡川産ダルマイモのテリーヌ、鶏のヴァポーレ

スクランブルエッグと黒トリュフ

真狩産ユリ根のグラタンとキャビア

タラバ蟹とポロ葱のキタッラ(自家製手打ちパスタ)トマトソース

名寄、天牛のグリーリア

クリスマスのスペシャルドルチェ

自家製パン

食後のお飲み物
¥9,500-税別
12月21日から25日まで、お好きなお時間でご予約を承ります。

ただいま、ご予約承り中です。ご希望のお日にち、お時間はお早めに・・・

電話011-222-5656

*21日、25日はライトなクリスマスディナーもご用意致します。
MENU

お食事始まり

寒平目の昆布〆 根セロリのクレマとボッタルガ

フォアグラと鵡川産ダルマイモのテリーヌ、鶏のヴァポーレ

スクランブルエッグと黒トリュフ


キタッラアマトリチャーナ(自家製手打ちパスタ)

牛ほお肉の赤ワイン煮

クリスマスのスペシャルドルチェ

自家製パン

食後のお飲み物
¥7,000-税別

ただいま、ご予約承り中です。ご希望のお日にち、お時間はお早めに・・・

電話011-222-5656

毎年恒例「白トリュフディナー」

イタリア産白トリュフディナーのご案内
食材のダイヤモンドと称される「白トリュフ」。
毎年、この季節が来るのを心待ちにしている方も多いことでしょう。

今年もカプリカプリでは晩秋のこの季節に白トリュフを楽しんでいただける

スペシャルディナーをご用意いたします。
この機会に芳しい、香りをどうぞご堪能くださいませ・・・・・

tartufo

MENU
白トリュフクリームのプティシューと札幌黄タマネギのタルト

道産鶏肉のプロシュット・コット、白トリュフの香り

ズワイガニと真狩産ユリ根のブディーノ、白トリュフ風味

真タラのヴァポーレ、タチのムニエル、
白トリュフの香りをまとったポロ葱と温泉玉子

卵黄だけで練ったピエモンテ地方のパスタ「タヤリン」
白トリュフをたっぷりかけて・・・・

名寄天牛のグリーリアと
鶴居村シルバーラベルのチーズのフォンドゥータとジャガイモ、白トリュフ風味

カボチャのガトーショコラ、ジェラート、
白トリュフのハチミツ

自家製パン、
食後のお飲み物

¥13,000-税別
11月23日(土)11月24日(日)
ディナータイムの時間でお好きなお時間でご予約を承ります。

011-222-5656
なお、11月17日迄にご予約をお願いいたします。
ご予約を頂いたグラムを発注致しますので、17日以降のキャンセルはできません。

Sapporo かぼちゃガトーショコラ

さっぽろの秋をスイーツで盛り上げよう!
市内のケーキ店やレストランで
※ガトーショコラ、カボチャ、きな粉という共通のアイテムを使って
各店様々のスイーツをご用意しています。
カプリカプリでご用意しているのは
こちら!「SAPPORO かぼちゃガトーショコラ」

sapporo
しっとり焼いたチョコレートのケーキにキャラメラゼしたカボチャを合わせて、
カボチャのジェラートと
道産のきな粉ときな粉のソースを添えています。


「SAPPOROかぼちゃガトーショコラ」が写っているお気に入りのシーンを
#さっぽろスイーツ2019」のハッシュタグをつけて instagramに投稿すると
抽選で素敵なプレゼントが当たるキャンペーンです!

投稿方法
①「sweets_sapporo」のアカウントをフォロー
②「SAPPOROかぼちゃガトーショコラ」の写真を「#さっぽろスイーツ2019」のハッシュタグをつけてinstagramに投稿してください!
※instagramのプライバシー設定を「公開」してご参加をお願いします。

カプリカプリではデザートのみのご利用はご遠慮いただいております。

ランチタイム(土・日・祝)11:30~13:30のランチコースのデザートとしてお選びいただけます。また、ディナーコースのデザートとしてもお選びいただけます。

「札幌黄」玉ねぎのタルト

カプリカプリの秋のスペシャリテ「札幌黄玉ねぎのタルト」始まりました!

tamaneghi

毎年大人気です!

丘珠で代々「札幌黄」玉ねぎを作り続けている農家さん
大作康浩さんから毎年買っています!100キロです!

丹精込めて栽培されたこの玉ねぎを
毎日、薄ーくスライスしてじーっくり飴色になるまでいためます。
その玉ネギをたっぷり使って、このタルトを焼いています。

この「札幌黄」という品種は・・・・・明治時代から栽培されている玉ネギです。(日本で最初に玉ねぎを栽培したのがなんと札幌!!)
*ある意味、北海道の伝統野菜と言っていいかもしれません・・・・。

この品種は天候に左右されやすく、大きさが不揃い、さらに栽培が難しいことから
年々作付が減り、一時期は市場に出ることが少なくなった“幻の玉ねぎ”なんです。
しかし、「札幌黄」は他の玉ねぎよりも、肉質に厚みがあって柔らかく、
とっても美味しい!!
加熱するとさらに糖度が増して甘くなります!

最近ではその価値が見直され、生産する方も少しずつ増えてきているようです!  レストランやスーパーでも良く見かけるようになってきましたね・・・。

ぜひご賞味ください!

 

なじみがないけど美味しい~キュウリウオ

*キュウリウオは「胡瓜魚」。すなわちキュウリの香りのすることからつけられている魚です。実際に嗅いでみると鮮魚の時はほのかにそういう香がしますね・・・・。
刺身で食べても、フライにしても、焼いても美味しいです。
北海道の沿岸域に棲息し、体長は30センチくらい。アユのような・・・シシャモのような・・・味わい。でもなかなか一般的にはなじみがないですね・・・。実は美味しいのに・・・。

k-5
カプリカプリではまず干して乾燥し、旨みを凝縮。それから戻してピューレ状にしてパスタのソースでご用意いたします。

ニセコから届いた天然の茸のソテーを合わせ、蝶々型の手打ちパスタに仕立てました。

ぜひご賞味ください~。kyuuri

カプリカプリの畑の朝摘み野菜~フィノッキオ

カプリカプリの畑で収穫している野菜をご紹介します!

こちら!finochio2019

畑に植わっている姿はわかりにくいですね・・・。

finokkio

白い部分の株はもっと大きくなりますが、間引いて収穫したものです。

イタリアでもこの時期、生でサラダにしたり・・オーブン焼きにしたり・・様々な料理に登場しています。カプリカプリではシチリア名物の「鰯のパスタ」に使っています。

と、言うより、このパスタ料理をお出ししたいからこの野菜を栽培してると言ってもいいでしょう。

鰯のパスタも色々なバージョンがありますが・・欠かせないものが、このフィノッキオ(シチリアでは自生しています。)

そして、シチリアの特産である、レーズン(噛むと甘みがいいアクセントになります)、レシピによってはトマトが入る場合もありますが、カプリカプリではサフランを使ったバージョンでご用意しています。

finocchio2019