愛しきプンタレッラ

カプリカプリの畑で「プンタレッレ」の栽培に成功しました!

puntarerre3

夢にまで見た自家栽培です・・・。

この野菜との出会いはかれこれ20年ほど前・・・・。

店を始めたばかりの私はその頃、「イタリア」とつく紀行文や旅行記なんかを
本屋で見つけては買って読んでいました。
もちろん、イタリア大好き!なのはもちろん、イタリア料理店で皆様をお迎えする以上、いろいろなことを知らなくちゃ・・・・という気持ちもありました。

そんな中で出会ったとある旅行記
この本はイラストが素敵で、(とくにレストランでの描写が!)
イタリアに旅行に行った気分にさせてくれました。
その本の中で目を奪われたのがこの野菜!

puntalerre

その当時は、日本にはほとんど輸入されておらず、
また、イタリアでもごく限られた地域(日本で例えると京野菜みたい)
でしか食べられておらず・・・。(ですから、北の方に旅行してもめったにお目にかかることはなかったのです・・。)
冬の終わりにローマあたりを旅しないと食べられなかったんです・・・。
まさしく憧れの野菜でした。
もちろんその当時食べたこと無かったのです!

どうしても食べてみたくて
1度、東京の輸入商社からイタリア産を取り寄せたことがありましたが
確か・・・1株¥2.500以上したような・・・・。
それを真ん中だけしか食べないんですから、どんだけ高価な野菜か!と青くなりました。(それでも食べて見たかったんですよ。)
でもあまりに「高すぎる!」ので、「ならば作っちゃえ!」と
翌年には種を手に入れ、早速畑に植えてみました。
が、しかし、初めて栽培する野菜・・・・そう簡単にうまくいくはずもなく。
あえなく玉砕。

その後、札幌近郊の農家さんでも栽培に成功する方がいらっしゃって
何度かいただいたことはあったのですが・・・

やはり自分たちで作りたいという気持ちはずっとありました。

ただ昨年も失敗・・・。今年は栽培方法などを変えて挑んでみました。

大きく葉が伸びてから土に近いところを軟白化させて収穫するのです。

なんと!昨日株の中にアスパラの穂先のようなものがあるではないですか!!

苦節○年(?)やっと栽培に成功しました!

puntarerre4

プンタというのは「尖った」という意味。
この尖った「とう」の部分を
を裂いて氷水にさらしてアンチョビドレッシングで 食べるのが一般的です。

puntarerre2

なんともいえない、シャキシャキとした食感がたまりません!

puntarerre5

 

 

 

秋の味覚到来!フレッシュポルチーニ茸!

どうですか!なんと立派なこと!!porciuni

ニセコの某所から北海道産の「フレッシュポルチーニ茸」が届いています!

ポルチーニと言えばトリュフ、マツタケと並ぶ世界三大茸とも言われ、香りと味のバランスの取れた、しかも肉質がしっかりとしていることから、ヨーロッパでは好んで食されています。このポルチーニ、実は北海道にも自生しているんです~。和名は「ヤマドリタケ」と言います。山鳥の羽色と丸々と太った体型にからきているということです。

日本では北海道のエゾマツ林など一部地域に発生が限定されているようで、なかなか見つけるのは難しいのです。 今回はニセコのプロの方が採ったものが入荷しました!香りといい、食感といい、絶品です!

*採れたときに送ってもらいます!メニューに載った時はぜひお召し上がりください!

 

秋の味覚到来!「札幌黄たまねぎ」

カプリカプリの秋の定番「札幌黄玉ねぎのタルト」スタートします!

20140802_155313-2-sapporoki-300x225

丘珠で代々「札幌黄」玉ねぎを作り続けている農家さん
大作康浩さんへ買いに行ってきました!120キロです!もう毎年の恒例です。

tamanegitamanegi2

丹精込めて栽培されたこの玉ねぎを
毎日、薄ーくスライスしてじーっくり飴色になるまでいためます。
その玉ネギをたっぷり使って、このタルトを焼いています。

この「札幌黄」という品種は・・・・・明治時代から栽培されている玉ネギです。(日本で最初に玉ねぎを栽培したのがなんと札幌!!)
*ある意味、北海道の伝統野菜と言っていいかもしれません・・・・。

この品種は天候に左右されやすく、大きさが不揃い、さらに栽培が難しいことから
年々作付が減り、一時期は市場に出ることが少なくなった“幻の玉ねぎ”なんです。
しかし、「札幌黄」は他の玉ねぎよりも、肉質に厚みがあって柔らかく、
とっても美味しい!!
加熱するとさらに糖度が増して甘くなります!

最近ではその価値が見直され、生産する方も少しずつ増えてきているようです!  レストランやスーパーでも良く見かけるようになってきました・・・。うれしい限りです!

 

貴重な羊入荷!お食べ逃しなく!

matonn

足寄町石田めん羊牧場さんより貴重な羊が1頭届きました!

matonn2

サウスダウン種純血メスです!

まだ、マトンは臭くて硬い・・・?というイメージをお持ちの方がいらっしゃるでしょうか? とんでもない!!
(もちろん、品種や育て方にもよるのでしょう・・・)

当店のシェフが絶大なる信頼を寄せる、「足寄町石田めん羊牧場さんの羊」たちは全然違います!
マトンはしっかりとした噛み応えがあるおかげで、
中から肉汁があふれ出て、ラムよりコク、旨みが強く感じられます。脂のなんと甘くておいしいことか・・・。

さらに今回入荷したのは「サウスダウン種の純血」です!

*石田さんは「とにかく美味しいラムを出荷したい…!」との思いから、サウスダウン種を主体に飼育されています。
「サウスダウン種」は英国原産の羊で、数が急激に減り、現在はレア・シープ(希少羊種)として認定されている品種です。
日本国内で、サウスダウン種の「純血」を飼育している牧場は殆どありません。ましてや「純血」の肉が市場に出回ることは非常に稀です!
サウスダウン種の肉質は柔らかく多汁で風味が良く、欧米では「肉の王様」として知られています。
ただサウスダウン種は繁殖能力が低く子育てもあまり上手くない為、非常に飼育困難な羊なのです。
なので、通常は、他にも数種類の品種を飼育し、F1を主に出荷しています。

なかなかお目にかかれない貴重なお肉です!

maton3
羊好きの方はぜひ、ぜひご賞味ください!

 

カプリカプリの畑で収穫中!フィノッキオ

今日から9月・・・朝晩の気温も下がり北海道に「秋の訪れ」を感じるようになってきました・・・。

カプリカプリの畑の野菜も、そろそろ終盤です。まだトマトやズッキーニなども少し採れていますが・・・これからの主役は「フィノッキオ」!

finokkio6

「フィノッキオ(仏名/フェンネル)」はすがすがしい香りと甘味を持つ野菜。生で食べると、シャキシャキっとした食感で 南イタリアでは、青魚の臭み消しに必ずといっていいほど使います。

カプリカプリでは秋にサンマと合わせるように栽培しています!

finokkiosanmma2

秋の定番「サンマと自家菜園のフィノッキオのスパゲテ シチリア風」
シチリアではとてもポピュラーなイワシを使ったパスタ料理を北海道では、今が旬の「サンマ」を使ってご仕立てています!このパスタに、欠かせないものが「フィノッキオ」なんです!

また、前菜では・・・新そばの実を合わせて・・・サンマのカルパッチョをご用意しています!

sannma

 

 

カプリカプリの畑で収穫中!トウキビ

カプリカプリの畑ではトウキビも栽培しています。

toukibi2ただ、大きくする前に収穫しています。小さいうちに早採りして、トウキビの芯ごと食べていただくためです。皮ごとローストしたり、トウキビのひげを巻いてフリットしたり・・・しています。ベビーコーンの香ばしさを楽しんでいただけたら嬉しいです。hatake8*ベビーコーン↑左上です。(まだ小さい段階で摘みます)

また、近郊の農家さんからはもぎたてトウキビが届いています。

こちらは冷たいスープに仕立てています。

toukibi札幌市内のチーズ工房「ファットリア・ビオ」のリコッタチーズを合わせています。

 

 

カプリカプリの畑で収穫中!トマト

カプリカプリの畑では今トマトも収穫しています!

pomodoro3今年栽培しているのは、「シシリアンルージュ」「ピッコロカナリア(オレンジ色のミニトマト)」「トスカーナバイオレット」の3種類です。

pomodoro4

フレッシュのままサラダや、料理の付け合わせなどで楽しんでいただいております。

pollo2

また、「シシリアンルージュ」は加熱するとさらに旨みと味わいが濃くなります。

なので当店では毎年ドライトマトにしています。

この季節の恒例行事のひとつがドライトマト作り・・・

pomodoro2

半分にカットしたトマトをオーブンでじっくりと乾燥させていきます。

程よく水分を飛ばしたセミドライトマトの完成です!オリーブオイル漬けにして冬の間もジューシーなトマトを楽しんでいただけます!

pomodoro

札幌国際芸術祭始まりました!

8月6日から10月1日にかけて札幌市内の各所を舞台に様々なアートと触れ合うことのできる機会です。札幌市内のレストランでもこの期間、芸術祭を盛り上げようとテーマカラーである「黄緑・青・黄色・橙」この4色のうち2色以上を1ディシュに盛り込んで、北海道らしい料理を楽しんでいただこう!という趣旨に賛同したレストラン各店、工夫を凝らした料理を用意しています。

antipasto

カプリカプリではランチタイム(土曜、日曜、祝日、営業)の前菜の盛り合わせを、この期間、SIAFカラー(黄緑・青・黄色・橙)でご用意することになりました!!

ぜひ、アートを楽しんだ後、アートを楽しむ前にカプリカプリでランチをお楽しみください!

*前菜の盛り合わせは全てのランチコースに含まれます。

¥1,700-

¥2,600-

¥3,500-

(料理の内容は季節の食材により変更となります/上記の写真はイメージです)

*テーマカラーは4色ですが当日入荷の食材により、2色以上4色未満での用意となります

*ディナータイムでのご用意はありません。

ランチタイムは11:30オープン 13:30ラストオーダーです。

この後8月は11日(金/祝)12日(土)13日(日)19日(土)20日(日)26日(土)27日(日)とランチタイムの営業がございます。

電話011-222-5656(ご予約を承っております)

長沼町、麻田農園さんでベリー摘み

長沼町にある「麻田農園」さんを訪ねるのはこの夏、二回目。

朝早く家を出て、農園に着いたのは、7:00過ぎ。夏らしい青空が広がり、今日も暑くなりそうだ。先月摘みに来た時より、各ベリーも完熟してるものが多い。

今日はこの春カプリカプリに入社したニューフェイスの佐々木と訪れた。

berry6

早速、ブルーべリーを摘ませていただく。前日の雨の影響で木に雨粒がついている。木に実っているベリーを選んで摘んでいく。1本の木のなかでも完熟しているものとまだ赤みが残っているものと様々だ。青黒く光っているものを一つひとつ収穫していく。なんとか3キロ摘むことができた。

今日はそのほかに、レッドカラント(赤すぐり)とカシス(黒すぐり)も摘んできましたが・・・ブルーベリーに比べて、粒が小さいので、摘んでも、摘んでも・・・なかなか入れ物がいっぱいにならない・・・(;^_^

なんとか各ベリーを収穫しましたので、ぜひお召し上がりにいらしてください!

berry

*麻田さんは、農家を営んできた方ではなく、58歳の時道庁を退職後、「農業を通じて社会の発展に貢献したい」と就農した方。この農園には10種類2000本のベリー類が植えられている。有機農法を実践。科学肥料を使わないと木の生育はゆっくりだそうだが、地力のある畑からは安心、安全な美味しいベリーがたくさん実っている。berry5

麻田さんの奥様と一緒に

 

北海道産大豆クリームのパンナコッタ

7月20日発売のPoroco、8月号はご覧になって頂きましたでしょうか?

表紙をめくってすぐのページです。

北海道産の大豆100パーセントの豆乳クリームを使ったデザートを紹介させていただきました!

pannnakotta

通常生クリームで作るデザートですが、今注目の「豆乳」を使うことでカロリーも控えめで、動物性食材を控えている方(ヴェジタリアンの方など)にも召し上がっていただけます。

現在カプリカプリでもご用意していますので、ご賞味ください!