香り爽やか~青レモンのパスタ

瀬戸内、生口島のたではら農園さんから「青レモン」が入荷しました!

Limone2

瀬戸内海に面した、温かくて水はけのよい斜面で柑橘の栽培が始まったのは明治の初め。ここ生口島は国内レモン栽培発祥の地なのです。

たではら農園さんののレモンは”皮ごと食べられる”安心・安全のレモンです!

さっそく手打ちパスタでご用意しています!爽やかな香りのパスタをぜひご賞味ください!

Limoneこちらの農園さんはマダムが6月に見学に行ってきました。その時の様子はこちら!

あの時はまだ小さかったレモンが収穫時期を迎えるのを楽しみにしていました~。

*カプリカプリの名前の由来、イタリアのカプリ島もレモンが名産です!

 

 

瀬戸田町のある生口島は国産レモン発祥の地でもあります。

マルメロのドルチェ始まっています!

すっかりカプリカプリでは秋から冬にかけての定番となりました!

この黄色い果物!

marumero4

函館の隣町「北斗市」の特産物で「マルメロ」です!

*洋ナシに似た形で、「かりん」にも似ています。

甘い香りが特徴で、生で食べるよりジャムなどに加工する方が一般的。marumero3

ですので・・・「マルメロ」はジャムにして、タルトに焼いています!

marumero2marumeroマルメロのジェラートと合わせてご用意いたします!ぜひご賞味ください!

 

ノヴェッロ解禁されました!

イタリアの今年の新酒「ノヴェッロ」が、10月30日に解禁を迎えました!

イタリアの各地で、その年に収穫されたブドウを使って造られるワインで、熟成を経ない新酒は果実味豊かでとても新鮮な味わい、飲みやすいワインです。

新酒というと・・・フランスの「ボジョレー・ヌーボー」が有名ですが、イタリアの新酒はフランスの解禁より一足先に楽しむことができます。

また、ノヴェッロはイタリアの北から南まで、様々なブドウ品種で作られています。バラエティに富んだ各地の新酒を楽しめるのも楽しめるのです!

カプリカプリで今年チョイスしたのはこちら!

novello

Le Rovole Novello Veneto Natale Verga

ヴェネトのメルロー種100パーセントで造るノヴェッロ。明るいルビー色、かすかにハーブのニュアンスのあるフルーティーな香りです。タンニンが心地よく、柔らかい味わいです!グラスワインとしてもご用意しております!

ぜひ秋の収穫の味わいをお楽しみください!

白トリュフディナーご予約承ります!

毎年、大変好評を頂いております「白トリュフディナー」を今年も開催いたします。

食材のダイヤモンドとも称される「白トリュフ」!

美食家の間ではこの季節が来るのを心待ちにしている方も多いことでしょう。

今年もカプリカプリでは晩秋のこの季節に白トリュフを楽しんでいただける

スペシャルディナーをご用意いたします。

今年のメニューが決まりました!

toryufu

MENU
岩ノリのフリット

健康野菜のサラダ、青レモン風味

自家菜園のキクイモのヴェッルタータ、白トリュフの香り            
羊のパンチェッタとクロッカンテとサクサクパイ

新そばの実入り札幌黄のズペッタ 温泉玉子のせ 白トリュフの泡

卵黄だけで練ったピエモンテ地方のパスタ「タヤリン」
白トリュフをたっぷりかけて・・・・

十勝ハーブ牛のロースト 天然茸、白トリュフのオーリオ

白糠産トーマチーズと白トリュフのハチミツ                  *                                     ドルチェ                                  

自家製パン
食後のお飲み物


11月18日(土)11月19日(日)
¥12,000-税別

なお、11月12日迄にご予約をお願いいたします。

*両日ともにディナータイムは「白トリュフディナー」のみとなります。

電話011-222-5656

ブドウの収穫へ行ってきました!

秋のブドウの収穫シーズンがスタートしました。ここ数年・・・定休日にタイミングが合えばブドウの収穫のお手伝いにはせ参じています。昨日は余市のブドウ栽培農家さん「木村農園」さんへお手伝いに行ってきました。budou3budou6畑に向かう道すがら、山々は紅葉が進み、ブドウの葉もここそこ赤く色ついているところもあり、秋の深まりを感じます。

さて、今回は「ピノノアール」の収穫をお手伝いすることになりました。

運搬用の台車に座って、隣に広げたコンテナに積んだブドウを入れていきます。

budou4

ちょうど座ると目に高さくらいにブドウの房が実っているので摘みやすいです。

ブドウの房にカビなどがついていないか、見て、その部分を取り除いていきます。

budou

午前中で、なんとかブドウ畑の一列、コンテナにして10個くらいを収穫しました。

このブドウでどんなワインができるか楽しみです。

お土産にピノノアールとシャルドネ、ケルナー、ピノグリのブドウをいただいてきました~。よかったらお味見できますよ~♪

budou5

’畑の恵み’秋の野菜ディナー始まりました!

今年冬、春、夏と開催してまいりました
「畑の恵み野菜ディナー」の秋の回が始まりました!

今手に入る地元北海道の野菜を中心に可能な限りたくさんの種類の野菜を食べていただければ・・・と前菜からメインディシュに様々な野菜を組み込んでコース料理にいたします!.
洞爺、佐々木ファームさんからは葉野菜(フリルレタス・トレビス・・・)など、

千歳のファーム梅村さんからはインカのめざめ(じゃが芋)やほっこり姫(カボチャ)、また、「にたきこま」という札幌で品種改良された加熱用トマトでトマトソースを造りパスタに…

カプリカプリの畑の野菜はフィノッキオ、山わさび、ズッキーニなど・・・


もちろんカプリカプリの秋のスペシャリテ「札幌黄タマネギ」のタルトもメニューin!


天然の茸も美味しい季節です!


¥5.000-税別
(お選び頂くメインディシュによりプラス料金になる場合がございます。)
rizoto
※コースの中の一品
新そばの実と天然茸のリゾットです。

「畑の恵み、秋の野菜ディナー」は10月24日までです。

 

秋の味覚到来!「殻付きカキ」

お待たせいたしました!!今年も始まりました!

20130926_173720

「仙鳳趾産殻付きカキとブドウの海水ジュレしたて」です!

カプリカプリがこだわって、産直で取り寄せているのは 「仙鳳趾産」の牡蠣!

 

厚岸湾は牡蠣の産地として全国的にも有名ですが、ここ「仙鳳趾」は特に美味しいカキの産地として評判です。仙鳳趾は湾の西岸にあり、湾の中でも外洋に近いため潮の流れが早く、プランクトンが豊富にあるなど、 海水の成分に違いがあり、身のしまった大ぶりな牡蠣が育つのです。20130926_163321

 

 

オータムピクニック in カプリカプリ 開催決定!

10月9日(月/祝)一日限定!! 12:00オープン!
昨年まで参加していた「オータムフェスト」を秋の1日限定でカプリカプリで開催いたします!
8年間に渡り秋のイベントとして楽しんで頂いた「オータムフェスト」を昨年卒業しましたが・・・なんとかお店でもいいのでやってほしい!というお声をたくさんいただきました・・・。
そこで、急遽!カプリカプリの店内で(雨が降ってもへっちゃら!)開催することにいたしました!
用意する料理は・・・
①秋の味覚の盛り合わせ¥1,000-
②甘エビのパッパルデッレ¥500-
③アマトリチャーナ、キタッラ¥500-
④足寄町石田めん羊牧場の羊のポルペットと十勝産豆¥500-
⑤お魚の盛り合わせ¥500-
⑥カタラーナ¥300-

ワインも各種グラスでご用意いたします。
秋の1日 ピクニック気分で気軽に楽しんでくださーい!

*予約などは不要です。
*当日はこのイベントのみの営業です。(12:00オープン)
*食材がなくなり次第終了いたします。

*現金のみの扱いです。(キャッシュ オン デリバリー方式)

皆様のご来店お待ちしております!

 

愛しきプンタレッラ

カプリカプリの畑で「プンタレッレ」の栽培に成功しました!

puntarerre3

夢にまで見た自家栽培です・・・。

この野菜との出会いはかれこれ20年ほど前・・・・。

店を始めたばかりの私はその頃、「イタリア」とつく紀行文や旅行記なんかを
本屋で見つけては買って読んでいました。
もちろん、イタリア大好き!なのはもちろん、イタリア料理店で皆様をお迎えする以上、いろいろなことを知らなくちゃ・・・・という気持ちもありました。

そんな中で出会ったとある旅行記
この本はイラストが素敵で、(とくにレストランでの描写が!)
イタリアに旅行に行った気分にさせてくれました。
その本の中で目を奪われたのがこの野菜!

puntalerre

その当時は、日本にはほとんど輸入されておらず、
また、イタリアでもごく限られた地域(日本で例えると京野菜みたい)
でしか食べられておらず・・・。(ですから、北の方に旅行してもめったにお目にかかることはなかったのです・・。)
冬の終わりにローマあたりを旅しないと食べられなかったんです・・・。
まさしく憧れの野菜でした。
もちろんその当時食べたこと無かったのです!

どうしても食べてみたくて
1度、東京の輸入商社からイタリア産を取り寄せたことがありましたが
確か・・・1株¥2.500以上したような・・・・。
それを真ん中だけしか食べないんですから、どんだけ高価な野菜か!と青くなりました。(それでも食べて見たかったんですよ。)
でもあまりに「高すぎる!」ので、「ならば作っちゃえ!」と
翌年には種を手に入れ、早速畑に植えてみました。
が、しかし、初めて栽培する野菜・・・・そう簡単にうまくいくはずもなく。
あえなく玉砕。

その後、札幌近郊の農家さんでも栽培に成功する方がいらっしゃって
何度かいただいたことはあったのですが・・・

やはり自分たちで作りたいという気持ちはずっとありました。

ただ昨年も失敗・・・。今年は栽培方法などを変えて挑んでみました。

大きく葉が伸びてから土に近いところを軟白化させて収穫するのです。

なんと!昨日株の中にアスパラの穂先のようなものがあるではないですか!!

苦節○年(?)やっと栽培に成功しました!

puntarerre4

プンタというのは「尖った」という意味。
この尖った「とう」の部分を
を裂いて氷水にさらしてアンチョビドレッシングで 食べるのが一般的です。

puntarerre2

なんともいえない、シャキシャキとした食感がたまりません!

puntarerre5

 

 

 

秋の味覚到来!フレッシュポルチーニ茸!

どうですか!なんと立派なこと!!porciuni

ニセコの某所から北海道産の「フレッシュポルチーニ茸」が届いています!

ポルチーニと言えばトリュフ、マツタケと並ぶ世界三大茸とも言われ、香りと味のバランスの取れた、しかも肉質がしっかりとしていることから、ヨーロッパでは好んで食されています。このポルチーニ、実は北海道にも自生しているんです~。和名は「ヤマドリタケ」と言います。山鳥の羽色と丸々と太った体型にからきているということです。

日本では北海道のエゾマツ林など一部地域に発生が限定されているようで、なかなか見つけるのは難しいのです。 今回はニセコのプロの方が採ったものが入荷しました!香りといい、食感といい、絶品です!

*採れたときに送ってもらいます!メニューに載った時はぜひお召し上がりください!