夏に旬のマス!

krafutomasuカラフトマスです!

「オホーツクサーモン」の愛称を持つカラフトマスは、
その特徴的な体型や体色から「セッパリ」、「アオマス」などとも呼ばれています。

オホーツクでの、漁期は7月中旬から9月上旬で
今がまさしく漁のピーク!
北海道内の漁獲量の内、約半分が網走などのオホーツク南部海域です。

鮮やかな身の色と上品な脂ののった旨みのある魚です!karafutomasu「オホーツク産カラフトマスと夏野菜のスープ仕立て」

 

カプリカプリの畑~シシリアン・ルージュ収穫中!

カプリカプリの畑では毎年トマトも栽培しています。今年も30本ほど植えています。ここのところの暑さでトマトも収穫の最盛期を迎えています。

tomato4tomato5

この「シシリアンルージュ」は加熱すると旨みと味わいが濃くなるんです。

なので当店では毎年ドライトマトにしています。

この季節の恒例行事のひとつがドライトマト作り・・・

tomato2

 

半分にカットしたトマトをオーブンでじっくりと乾燥させていきます。

程よく水分を飛ばしたセミドライトマトの完成です!オリーブオイル漬けにして冬の間もジューシーなトマトを楽しんでいただけます!

tomato3

カプリカプリの畑の野菜~カルチョフィ

カプリカプリの畑では北海道では、栽培している方が少ない野菜も育てています!

その代表がこちら!(なせか畑との相性がよく栽培に成功しています!)

cartfi

カルチョフィ(アーティチョーク)です!

日本名:朝鮮アザミ 夏の終わりに藍紫の花が咲きます。その花が咲く前に収穫して食します!

葉のように見える緑の部分はガクの部分で、そのガクの下部とガクに包まれた花芯の部分を食べます!

cartyofi3

下処理として、外側の部分を剥いていきます。外側を取ると食べられるのはごくわずかです。※写真の下のボールに入っているのが、すべて剥き終わった状態です。

なかなか大変な作業を経て、取り出されたカルチョフィ!

その食感はなんともいえません。

筍というか、ユリネというか・・・独特なホクホク感が美味しいです!

料理の付け合わせなどで登場しています ↓ 薄緑色のものです!

cartyofi2